担保になるものについて

OFF

不動産担保ローンは、不動産を担保にしてローン会社からお金を借りるというローン商品の一種です。

個人が利用できる不動産担保ローンもありますし、法人を対象とした不動産担保ローンもあります。

※参考記事>>>http://zuuonline.com/archives/26594

ここでポイントとなるのが、担保にできる不動産はどういった物なのかという事です。

この場合は不動産担保ローンに申し込む前に、各種ローン会社のホームページやパンフレットに記載されている、申し込み条件や融資条件を確認すればわかります。

どんな不動産が対象になるかは、ローン会社による違いもあります。

一般的には、不動産を所有している人が担保として提供出来る事が条件となります。

マンションやアパート、一戸建て、駐車場などの土地も不動産になります。

不動産担保ローンで借りたお金の使い道は、自由なのでいろいろな事に使えます。

教育ローン、まとめローン、事業性資金、リフォーム資金など人により活用法も様々です。

例えば親が所有している一戸建てを担保にして、その子供が不動産担保ローンの利用を考えている場合は、家の所有者である父親が家を担保にする事を承知しているなら、自身の所有している一戸建てではなくても、不動産担保ローンへの申込は可能です。

他人が所有している不動産物件を許可なく担保にする事は出来ませんし、所有者がはっきりしていない不動産は担保として認めてもらえませんので、審査で落とされるでしょう。

担保さえ用意できれば、まとまった金額の融資が受けられますが、返済計画はきちんと立てておく事が大切です。

This post was written by , posted on 4月 8, 2015 水曜日 at 4:18 am

Comments are currently closed.